LOG IN

あなたのそのままの美しさを写したい。

by 渡邉智美

わたしの撮影にメイクはついていないのですが、

「メイクはどうしたらいいですか?」と聞かれることもあります。

わたしも初めて撮られるときは、子育て中ですし、ほぼスッピン生活。

自分のメイクどうしよう。メイク用品は数年前に購入したものばかり。

という状態でした。

でも元々は服飾の専門学校に行っていたので(作っていた方ではなくディスプレイやマーケディングの方を学んでいました)

メイクもファッションも髪型もいろいろやってきてそれらで変化する自分をたくさん知ってたくさん楽しさも知っているので本質はすごく好きなもので。

そして勉強もしてきたもの。

専門学校時代ではショーモデルも経験していました。

こんなメイクもしてもらったり。

でも育児と同時にお化粧品のケミカルな成分を知り、いっとき怖くて全然しなくなりました。

授乳が終わってワンピースも着れるようになって自分のおしゃれをしたいなって気持ちになり自然派コスメでメイクを楽しむようになりました。

前置きが長くなりましたが

撮影にメイクをつけていないのは私のように普段メイクに慣れていない方が「よく見せよう。」

とその日だけメイクさんに慣れないメイクをしてもらっても

「なんか変じゃない?」という違和感。

それだと撮影に集中できないんですよね。納品されたお写真を見てもそこにはその日だけの

「作られたわたし」

なので「撮影のときだけ」

ではなく普段のメイクも楽しんでもらいたいなって思っています。

撮影に向けて

化粧品コーナーで口紅を試してみたり、久しぶりにアイメイクをしてみたり(^^)

自分の似合う色に出会う。

メイクの楽しさに気づく。

そんなことも撮影までに楽しんでほしいなって。

メイクは面倒なもの

ではなく

キレイになれて嬉しいもの♪

「キレイになりたい」って言う人は多いけど、それは毎日の暮らしの中で作られていくと思います。

そこの意識が変わると女性はどんどんとキレイになっていきます^^

ヨガを通しても女性の内なる美が開花されていく姿を何千人とも見てきました。

私の撮影は撮影までにメイクやファッション、丁寧にやりとりをしています。

必要な方は同行ショッピングも^^

お洋服のこと、コーディネートには学んできた理論からも「ステキ」を提案しています♪

撮影までもワクワクしてほしいな。

写真を撮ったり、撮られるようになったりすると、「もっとキレイになりたい!」と思う瞬間にたくさん出会うんです。

わたしというひとりの人間を

写真で客観視してみる。

あなたのキレイに出会いませんか?

3月の撮影は満了となりました。

4月は時間帯によりご案内できる枠が少しございます。

撮影までの準備も一緒に楽しんでいただきたいのでお早目のご予約がおススメです^^

撮影についてはこちらから。

OTHER SNAPS