LOG IN

撮られることに対して

by 渡邉智美

フォトグラファーになるまでの経緯はこちらのブログにも書かせていただいおります。

私は学生の頃から写真を撮るのが好きでした。カメラも大好き。

スマホではなくカメラで綺麗に子どもたちの成長を残したい。

完全に撮る側。

そして自分はというと写真に写るのは大嫌い。写真に写る自分に自信がなかった。

そんな私が

写真を撮られることが楽しい!」

心からそう感じることができるようになったのが約1年前に大切なお友達がフォトグラファーデビューのきっかけに

「ともちゃんのお写真撮らせてもらえないかな?」

と声をかけてくれたことが私に自信を持たせてくれるとてもおおきな出来事になりました。

声をかけてくださったのは

フォトグラファーの大平ひかりさん。(はじめまして。のブログにも登場しています!)

そのときは嬉しい反面、不安の方が大きかったのです。

そんな不安をしっつかりと受け取ってくれたひかりさん。

お声がけいただいたときから丁寧に連絡をくださり、不安要素をできるだけ撮影当日にはなくなっている状態まで持って行ってくれ

1年前の撮影とても楽しくて。

そして納品していただいだお写真をみてすごく嬉しくなったこといまでも鮮明に覚えています♡

苦手だった自分のことを受け入れることができる写真。

自分の深いところにある悲しみや苦しみを写真で癒してくれるお写真。

詳しくはブログにも書いてあります↓(こちらはヨガ用のブログです)

そしてその撮影後はひかりさんからか私自身も「写真のパワー」を受け取り

自分も自分が撮りたい写真が撮れるようになりたい!

とひかりさんのパーソナルのフォトレッスンもお願いし写真を撮る、撮らせていただく機会も増え

今年の10月に私もフォトグラファーとしてデビューさせていただきました。

そしてそのタイミングでひかりさんはフォトグラファー一周年!

その一周年記念の撮影会を開催されるとのことで私のフォトグラファー用のお写真撮影をお願いしました。

今回はフォトグラファーとして。

「どんな風にフォトグラファーともみを見せたいか。」

「どんな方の撮影をしていきたいか」

「撮影でどんなことを伝えていきたいか」

「何に使いたいか」

など撮影までフォトグラファーとしての私の核にも触れていく時間でもありました。

私が撮ってもらいたい形や私自身仕事でも使いやすいように、と。

カメラちゃんが目立つような服装で。とたくさん相談に乗ってくださり

撮影当日に不安要素をなくし「楽しさ」しかない撮影会となりました。

お写真を納品していただいて驚いたのは昨年との自分の変化!エネルギーが変わっていました。

1年前の撮影後に筋トレをスタート1年で私自身カラダも、ココロもマインドもパワーアップしたのです。

お写真を通して客観的に自分を観るということ。

自分を知るといいうこと。

この自分の進化にとっても嬉しくなりました。

年に1回はひかりさんにお写真撮ってもらおう〜と心に決めました♪

今回もお写真のパワーやエネルギーをひしひしと感じ、

私自身もフォトグラファーとして撮影させていただく機会が増えお客様にお写真を通して

「自分を愛する」という深い気づきを与えられる機会になれるよう精進してまいります。

ひかりさん、今回も素敵なお写真ありがとうございました!

フォトグラファーとして「撮られる」という体験は何よりも学びになります。

お写真が苦手だったわたしがそうではなくなった。苦手な方の気持ちも重々承知した上で撮影させていただきます。

「ただ撮る」だけではない。

お申込みいただいた時からその方と一緒に撮影にむけて歩んでいく。

撮影を通して自分自身に気づいていく作業を一緒に行っていきます。

その気づきの作業もヨガインストラクターとして月に300人指導させていただいている私、自信があります。

安心してお任せください。

撮影に関してはこちらをご覧ください。

OTHER SNAPS